キャリア・アップ の ヒ ン ト

 

「キャリア・アップ」というと、この言葉から皆さんはどんなことをイメージするでしょうか。自分の腕一本で企業を渡り歩くビジネス・マンのことが頭に浮かびますか。 

保険業界のトップ・セールスマン。証券業界のファンド・マネジャー。食品業界やアパレル等消費財メーカーのヒット商品のプランナー。流通業の超目利きバイヤー等々、あらゆる業界で、カリスマと呼ばれる人達がいます。しかし、彼らのようなスーパー・ビジネス・マンは極一握りの人達です。

 

多くの人が思い違いをしていますが「キャリア・アップ」は、決して華やかな職歴を積み重ねることではありません。必ずしも、会社を移ることが前提ではないと言うことです。今いる会社で実績を積み重ねて、昇進するという道もあります。また、そういうコースを多くの社員が歩んでこそ会社としても終身雇用の意味があると思います。 

 

「キャリア・アップ」のスタートラインは、まず職場の一員として周囲から信頼される“確かな仕事が出来るようになる”ことです。“誰からも信頼される仕事が出来る”何気ない当たり前のことのようですが、それも立派な実績のひとつだと思います。そういうことを、ひとつひとつ積み重ねていくステップ・アップこそ「キャリア・アップ」の道筋と言えるでしょう。

 

では、どうすればそのような“確かな仕事が出来る人”になれるのでしょうか。彼らに、共通することは 自身の仕事への“こだわり・誇り”といった「」を持って仕事をしていることです。

 そして、それを具体的な仕事のやり方として実行しています。

 ただ闇雲に頑張るのではなく“どういう点に注意して、毎日の仕事に取り組めば結果につながるのか。仕事が出来るようになるのか”伸びる人は、いつも、そのことが頭にあります。

 つまり、結果にこだわることで成果に繋がるビジネス・ノウハウやスキル(技・技術) 確実に身につけているのです。

 

当ホームページでは、これまで折に触れて、職場内での仕事のスキル・アップの方法や部下の育成の仕方についてお伝えしてきました。

他にも、多くの会社で見かける「努力の空回り」や「思い通りにならない現実」をベースに、そのような状況からの抜け出し方を紹介してきました。

 そこで、今回そのような「仕事のやり方や方法」に関わるものや「仕事への取り組み方」に関するコラムを「キャリア・アップのヒント」としてまとめることにしました。少しでも、皆様の「仕事のスキル・アップ」の参考になることや「キャリア・アップ」のお役に立つ内容であれば幸いです。