「頑張り損」と「仕事の意味」

今年の念頭に書いた“何のために働くのか”というコラムが、思いのほかPV(ページ・ヴュー)が多く、自身の仕事に悩みを持っている方が沢山いらっしゃることを改めて知りました。

そのひとつの理由は、今の仕事に苦闘しつつ、今の(会社)仕事の延長線上に自分の未来を描けないからではないでしょうか。現在の自身の状況、将来の自分に不安を感じているからだと思います。

 

30前の若手層(勿論、正社員の人)の研修をしていると、時々、仕事は“頑張るだけ損”と考えている受講生に出会います。頑張り損のような投げやりな気持ちで仕事をしていると、将来的に望ましい状況には進めないと思います。どこの会社にもいるいつまでたっても一人前とは言いがたいベテラン社員。ハッキリした指示ができない、ちょっとしたことが決められない頼りの無い上司」きっと二十年前の彼らも、そう思って仕事をしていたのではないでしょうか。

 

 そこで、今一度“仕事にかかわる努力”について考えてみたいと思います。私達は、何気なく「速く仕事に慣れてください」「仕事をシッカリと覚える」「仕事が出来る」という言葉を使います。

しかし「仕事に慣れること」「仕事を覚えること」「仕事が出来ること」その意味合いは各々違うと思います。

会社が社員に期待することは「仕事が出来ること」です。お勤めの身から望む「安定雇用。終身雇用」は、会社サイドから見ると「仕事が出来るようになること」が前提です。決して「一定レベルの仕事を覚る」ことではないでしょう。バイトや派遣ならいざ知らず、そのレベルで勝手に立ち止まってもらっては会社としては困るのです。その悪しき例が、先ほどの全く頼りにならないベテラン、困った上司です。

 

ところが、いつまでたっても、自分の「できること。わかること。言われたこと」しかやらない。「わからないこと。やったことのないこと。言われないこと」はやろうとしない人達がいます。大きなミスはしないけれども、一つ覚えのワン・パターンのやり方でしか仕事をできない社員です。

また、それらを自分らしさ”といって、自分の仕事のやり方やスタイルを正当化する人も見かけます。

 周り(上司)ができないことは自分もできなくても仕方が無い。他人もそうだから自分もそのレベルで構わない。他人がやっていないことは自分もやらなくても良い。また、他人がやっているから自分もやっても問題ないといった考え方(多くの場合、ルール違反ですが)をする人達です。

 

もし、仕事のやり方がこのような状況になっていたら、上司を含め周囲も「(正社員として)頑張っているね」とは認めてくれないでしょう。

一年前、三年前と何も変わらない。進歩が見られないようでは社員として、ちょっとは考え欲しいものです。よく言うと「伸び悩み」ですが、上から見たその本音は「頑張りが足りない」ということです。通り一辺倒の最低限のレベルで仕事を覚えただけで、其処から進歩が無いからです。

手馴れた仕事を素早くこなすことは努力とは言えません。それは体力や労力を使っただけのことです。手続き的に毎日仕事をしていると言われても仕方がないと思います。

 努力という言葉には「レベル・アップ。上達した。安心して任せられる。周りの動きが眼に入るようになった」といったスキル面での向上と「一皮剥けた。他人の話を聴くようになった。大人になった」というようなメンタル面での成長、この二つが求められます。

 状況に応じて的確な判断、対処が出来る。時代の流れに応じて仕事のやり方を変えていける。それが出来てこそ実行力がある。仕事が出来ると言われるのではないでしょうか。何処の会社に行っても即戦力として通用する。客観的に見て、そのレベルであってこそ確かな仕事が出来る人材と言われます。

 

 仕事は、前向きに捉えてこそ、その人にとっての意味があると思います。

ですから「仕事は頑張り損」などと決め付けないで、若いうちは、もっともっとチャレンジして欲しいのです。そうしないと、貴方も十年後は、周りをウンザリとさせるベテランか上司になってしまうかもしれません。

皆さん「朱に交われば赤くなる」という諺をご存知でしょう。それは仕事にも当てはまることです。

 

自営業の身である私は、良くも悪くも仕事の成果、すべての現実が自業自得です。三年前と比べて、何一つ変わらないようではビジネスが成り立たないと思っています。自身のキャパを、常に広げていかなければ良い方向には進めないのです。ですから、やらなければいけないことは全部やらなければなりません。

 頑張るというよりも、それはむしろ当たり前のことのような感覚があります。毎年、どのようなチャレンジ・テーマを設定するか。それをいかにして成功させるか。その方法・手段に一番頭を使っています。

 

 (平成28211日)         Ⓒ 公認会計士 井出 事務所

 

▶ 関連項目:何のために働くのか

 自分の仕事を大切にする

 確かな仕事ができるようになる

         報われるように努力しないと意味が無い