中小企業の「経営課題」と現実

 

 時代の流れに合わせて、商売のやり方や仕事の内容を変えていく。数字が取れるようにお客様の要望にしたがって商売のやり方を方向転換する。

そこに大きく立ちはだかるのが「そんなことが、直ぐにできるくらいなら苦労しない」という「現実の壁」です。社長の言いたいことはわからなくはないが「いったい誰がそれをやるのか」現場の実行力が、その問題点として直ぐに浮かび上がってきます。

そもそも、それ以前に営業をはじめとして、個々の現場で数多くの問題点を抱えている。それを解決することを優先すべきだと思われる経営者の方も多いでしょう。

 嫌、その思いは現場リーダーの方が切実に感じているかもしれません。

仕事が遅い。連絡忘れや確認遅れによる凡ミスが多い。ちょっとした行き違いや不注意が無くならない。レベルアップして欲しいこと、仕事の内容が山ほどある。しかしながら解決すべき職場の問題、業務改善は上手く進んでいない。

このような現実の前では、社長の言う「商売のやり方を変える。これまでとは違う商売をすることなど到底無理」それが現場の責任者の本音でしょう。

いつの時代も、経営には「改革の壁」という「社内の抵抗勢力」が立ちはだかります。

 

 社内で仕事をしていると、どうしても自身の仕事にしか頭が回りません。それだけでもパンクしそう。社長の頭の中ことなど知るよしもありません。上司も自部署の仕事、現場のこと、目先のことで精一杯。会社の行く末のことまで考えが及ばないのが現実です。

 その一方で、お客様や取引先の眼は年々厳しくなっています。にもかかわらず、新しい仕事、これまでとは違うやり方にはチャレンジしようとしない。「わからないこと、できないこと、やった経験のないこと」はやろうとしない。 上長を含め「今のままでも将来何とかなる」と思っている人ばかり会社にいる。商売、ビジネスが競争原理の中で動いている仕組みであることを忘れているとツイツイそう錯覚してしまいます。もし、皆さんの会社が、このような状況だと、業界内の浦島太郎になりかねません。現場優先の発想、考え方でビジネスをしていると、目まぐるしく変わっている世の中から取り残されてしまうかもしれません。

 

 ただ、現場を支える縁の下の力持ちとして日々の業務をこなすことだけが管理者や社員の仕事ではありません。少しでも会社を成長させる役割を担うことも「社員としての責任」「現場の仕事」です。

 人も会社も、ただ漠然と考え無しに仕事をしているだけでは進歩しません。日々、注意して、頭を使って仕事をしていないと仕事のレベルは上がりません。進歩するには、毎日の仕事が「努力の積み重ねになっている」ことが欠かせません。闇雲にただ頑張る。毎日同じことの繰り返しでは成長できないと思います。

 「つまらないミスや無用のトラブルが無いようにしよう。当たり前のこと、細かなことがシッカリ出来る職場になろう」という、日々の仕事のやり方やその内容に対する問題意識。その問題を解決しようとする社員一人一人の「向上心」が大切です。仕事の「プロ意識」と言い換えても良いでしょう。それこそが、会社の発展成長への基盤になるものです。

  

 彼らに、その自覚を持たせるには、身近な仕事の中に、今の仕事のやり方の良し悪しについて振り返る場、その内容を確かめる場が必要です。

「当たり前のこと、細かなことがシッカリ出来る」というのはどういうことなのか。自分の仕事のレベル、その高低、スピード感の有無、シビアさについて自身で点検することが欠かせないと思います。何故ならば、そこが自ずと「仕事に対する意識付け」や「意識改革」の場になるからです。

このような「仕事の仕組み」が無いと、どうしても早く仕事を済ませることしか頭にないような仕事ぶりになってしまいます。仕事をやりっ放しにしているようでは、職場のレベルアップは期待できません。

 ところが以外にも多くの会社で、職場の問題点、現場の反省点を拾い、改めるべき仕事の内容、そのやり方について話し合う機会、意見交換の場がありません。

 だからこそ、月に一度、部署ごとの「業務反省会」や「業務改善会」を設けるべきなのです。「職場の現状分析」を行い、現場のあるべき姿、進むべき方向性について話し合うための集まり「仕事の仕組み」を創るべきです。その場を起点にして「もっとプロ意識の高い職場になろう。力のある強い現場にしよう」といったメンバーの目的意識を喚起していくのが、現場の実行力を高める常套手段です。

 

 中小企業は社長が陣頭指揮をとって動かなければ何も変わって行きません。現場で多くの問題が山積みになっている。ところが、なかなか改善されない。月次の業務会議が「言い訳大会。報告会」になっているとそうなってしまいます。良くも悪くも、それが現実だとするならば、それを現場の管理者任せにしていては社内の問題点はいつまでたっても解決できないと思います。

大きな会社ではないのですから、現場の実行力を高めることも経営の仕事であり責任です。そこまで、経営が関わっていかないと会社の進歩や成長は覚束ないと思います。まず、それを、先に進めないと自身の考える経営課題には着手できないかも知れません。

 

( 平成27114日 )           ©公認会計士 井出事務所