弱みと脅威しか出てこない(社長の仕事)

 

多くの中小企業経営者は、社長であると同時に、営業部長や工場長、開発部長のような現場の一担当者であり責任者でもあります。そのため、日々の仕事に追われ、ジックリと腰をすえて、今後のことを考える余裕がありません無論、社長自ら手を動かす。体を使うことも大切なことです。

しかしながら、社長自身が実際に現場に出て陣頭指揮を執ったり、作業をするような仕事のやり方ばかりをしていると、どうしても目先の仕事のことにしか頭が向きません。大切なことは、会社の将来よりも目の前の仕事になってしまいます。

ですから、中小企業でSWOT分析を実施してみると、残念な事に、弱みと脅威しか出てこないことが多々あります。そうなると、現状を打開する良い方策はなかなか見つかりません。既に、行き詰った事態になっているからです。ビジネスとしては、ちょっと厳しい状況です。

こうなってしまうひとつの理由は、トップが現場に関わりあい過ぎていることがあります。だから「良い仕事、レベルの高い仕事をする」という現場の目線を最優先するようになります。それは仕事の質レベル、内容というモノの見方であって、会社を伸ばすという経営の発想とはちょっと違います。

 良い仕事をしていれば、質の高い仕事ができれば、会社は必ず成長するかというと、それとこれとは別の問題だと思います。仕事熱心であることは大切ですが、かえってそれが災いして自社のやり方、スタイル、ペースに捉われすぎてしまうことがあります。そうなってしまうと。目先のことしかわからなくなって、時代の流れに疎くなってしまいます。

仕事熱心であっても、成り行き任せの経営では商売熱心であるとは言えません。それが、先ほどのSWOT分析の結果につながっているのではないでしょうか。いつまでたっても、これまでの取引先の中だけでビジネスをしていると、新たなビジネスチャンスに気付けなくなってしまいます。だから、自社の強みや弱みがわからなくなってしまうのです。

 

時代のスピードがゆっくりしていた時は、それでも良かったかもしれませんが、今のようにネットによる情報化が進んだ世の中では、少しでも経営が気を抜くと、あっという間にビジネスで遅れを取ってしまう事になります。変化のスピードが速い今の時代は、ビジネスを既存の延長線上で捉えてしまうと危険です。

 

 

 

伸びる会社の経営者は「どうすれば業績を伸ばせるのか。何をすればライバルに差をつけられるのか」という考えがいつも頭の中でフル回転しています。「会社の将来」のことが常に頭の中にあります。

今の会社をワンランク上の企業にするには、お客様のニーズに合わせて商売のやり方を変える。新しいビジネスのやり方を考え出さなければなりません。そして、そこから自社のセールスポイントを創っていくような商売熱心さがあります。それ故、彼らは、お客様の変化や周囲の動きに敏感です。

そこに目配りを忘れず、神経を尖らせています。だから、ビジネスチャンスや将来のリスクを読めるのです。 

新しい仕事にチャレンジし、新たなビジネス分野を切り開く。前向きに発想し、前倒しに動く。それこそが、経営者の本来の仕事であり、トップが持つべき経営マインドであり「戦略発想」だと思います。

 

経営者が、会社を伸ばす戦略発想を身につけるには「経営の仕事に徹する」ことができる時間や場が欠かせません。現場感覚と異なる経営感覚で考える環境が求められます。日々の仕事の中に、定期的に「現在の状況を分析し、先を読む。打つべき手を考える」会社の仕組みが必要です。

自社の強みをさらにレベルアップする「攻めの経営」ができる社内体制を創るべきです。そのひとつの仕組みが経営会議です。

どんなに優れた社長でも、人一人の力でできることは限られています。

会社の全ての状況、現場に目が行き届くものではありません。だからこそ、社内の英知を結集する「場」創りが欠かせないのです。

顧客の変化に目を向け「会社を成長させる。ビジネスを広げる」という経営の視点で前向きな話し合いをする会議体を作るべきだと思います。

「そんな気の利いた部下がいたら苦労しない」という声も聞こえてきそうですが、それ自体が前向き発想ではないと思います。兎に角、まずやってみることが大切です。そうして、社長共に会社の成長や戦略を考えられる幹部社員を育てることも「当社の強み創り」のひとつです。

 

( 平成26109日 )           ©公認会計士 井出事務所

 

► 関連項目  SWOT分析について

       ( その5 当社の持ち味を活かして「強み」を創る )

商売熱心と仕事熱心お客様の目線と経営戦略

         経営会議を通して幹部社員を育てる

客観的に物事を見る眼を養う