「当たり前のことに気付く」難しさ

 

 井出さんは「当たり前のこと」しか言わないんですね。コンサルのお手伝いをスタートして三ヶ月くらいすると、必ずクライアントの社長さんが口にされる言葉です。しかし、ご本人は自身の言葉の意味をよく理解されていません。自社が、当たり前のことが全てできていると思いこんでいます。

100%、完璧とは言えないまでも、そこそこは同業他社並みにできている。

もしくは、多少なりと問題はあるが、それが取り立てて大きな問題だとは思っていません。すなわち、自社が、当たり前のことが疎かになっているにもかかわらず、それで良いと思っている。当たり前のことができていないという事実に気付かれていません。

営業をはじめとして、日々、色々と手を尽くしているが、なかなか思わしい結果がでない。様々な工夫をして業務のレべルアップを目指しているが上手く行かない。このような悩みを持つ経営者や管理者の方は多いと思います。

そこで、職場の問題解決、業務改善(改革)、仕事のレベルアップの方策を見つける際に、見落としがちなポイントを拾い出してみました。 

 

 問題の解決策を見つける。現状の問題点を改善するスタートラインは、まず「当たり前のこと」ができているかどうかを確かめることが大切です。

どんな仕事にも「いろはの``」と呼ばれる基本的なスキル。基礎的な仕事の技術があります。当たり前のこと。それは、ある意味「誰もができて然るべき基本的な仕事(作業)」です。ところが、その仕事のキャリアが長ければ、皆が皆、このような基礎技術やプロの技を身につけているかというと、そんなことはありません。

 

拙稿「営業部門の現状分析(その2)」では、あるアパレル会社の営業体制の問題点について、自社分析と顧客の視点の違いについてまとめています。

 

こちらから催促しないと何も提案しない。いつも期日のギリギリにならないと提案を持ってこない。

提案内容がパッとしない、ありふれている。商品作りの詰めが甘い。仕事のシビアさが伝わってこない。

 

お客様から、このようなご指摘をいただくようでは困ったものです。

 物足りないというよりも真剣味が足りない。とても不満といわれても仕方のない状況です。営業としてやるべき仕事のあり方について、お得意先様の認識と当社の理解の間に大きな隔たりがあります。

当社は「一所懸命やっている(つもり)」それでは、お客様に納得していただけません。お客様は、いつもこちらの動きをシビアにチェックしています。

これまでの流れの中で何気なくやってきたことが最早通用しない。その事実に気付けないようでは、数字を伸ばすことなど「とてもとても」という感じです。お客様はこちらの気の緩みを見逃してくれません。

 

ビジネスで大切なことは、お客様の目線で見た当たり前のことです。どんな仕事にも「よく出来ている。ここまでモノはなかなか見ない」という世間が認める合格ラインがあります。でも、お客様からするとそれが当たり前のレベルなのです。お客様はライバル会社と比べて当社の仕事のレベル、その良し悪しを判断しています。ですから、彼らの感じる「当たり前のこと」ができていないと、お客様からすると「レベルが低い。仕事が雑。甘い。手抜き」としか写りません。

改善策を見つけるひとつのポイントは、顧客の視点で「現状の仕事のやり方、進め方の良し悪し」を今一度チェックすることです。

「商売のやり方として、勝てるやり方なのか、十分通用する方法なのか」競争の観点から確かめることが必要です。「これで大丈夫」というような思い込みや「取り立てて大きな問題はない」という思い過ごしは禁物です。

基本的なことが徹底できているか、お客様の眼に写る問題点に気付けるか。

「当たり前のこと」をキーワードにして、もう一度「思い込み、思い過ごし。見落としている、見逃している、見過ごしていること」がないか、よく確かめてみてください。そこに、解決策、現状の打開策が眠っているケースがよくあります。そこが問題の解決策を探し出す最初のチェックポイントです。

 

お得意様のいう「当たり前のこと」それが、ちゃんとできる。卒なく出来る。しっかりできる、ということは、そんな簡単なことではないと思います。

ところが往々にして、人は「自分はちゃんとやっている」と思い込んでしまいがちです。そう言って現実をスルーしてしまうそれは人も会社も同じです。残念なことにビジネスでは、そのような甘い思い込みは通用しません。

「他人の振り見て我が振り直せ」の諺ではありませんが、いつも他社との比較で自部署(自社)の現状、問題点を点検することが大切です。

 

( 平成26629日 )          ©公認会計士 井出事務所

 

► 関連項目:  客観的に物事を見る眼を養う

        職場の現状分析のポイント

自社分析を行う際のポイント

もうひとつ細かい処を掘り下げる