経営会議のやり方、その基本形

 

先回のコラムで、会社を成長させるには「経営会議」を開くなど、社長が会社経営に集中できる時間を作るべきだというご提案をさせていただきました。

自社の発展・成長を望まない経営者はいません。しかしながら、多くの中小企業には会社を成長させる為の会議の場がありません。

 当社の将来、成長の方法について話し合うと言っても、何をどう話し合って良いのか、それ自体がイメージできないという方も多いでしょう。

そこで、実際には、どのような流れで経営会議がスタートし、どのような話し合いをするのか、その内容についてみてみましょう。

 

伸びる会社のひとつの特徴として「年に一度、社内反省会を、各部署で開いている」ことが挙げられます。

 社内反省会は、営業、工場、(サービス業なら)業務というような部署単位で、この一年間の仕事の良し悪しを点検する場です。各職場の仕事として「この一年を振り返って、何が出来るようになったか。部署として、一年前と比べて進歩したこと成長したことを整理してまとめる」という現場毎の反省会です。

一年、頑張ってきて、思い通りに進んだこともあれば、努力したけれども上手くいかなかったこともあるでしょう。どんな仕事も、やりっ放しにしていては仕事のレベルアップはありえません。

  期待した成果が得られなかったことについては「どうして上手く行かなかったのか」その反省材料を拾うことが大切です。その一方で、近頃、目に付くようなった問題点を洗い出すことも忘れてはなりません。問題点イコール改善すべき自部署のテーマだからです。

そして、最も重要なことは、これらの反省材料や問題点を来年に向けて活かすことです。「何に注意をすれば仕事がもっと巧くできるようになるのか」反省点の具体的な改善策や問題点の解決策について話し合うことがポイントになります。

職場の実行力のレベルアップ、現場の業務ノウハウを高めること。ひいては会社の実力を高めることが、反省会の最も大きな狙いです。

他人も会社も、日々の地道な努力を積み重ねてこそ成長があります。

 

現場の実行力の定期点検は、会社の戦略を考える原点になることです。

ビジネスの成長と言う観点から、自社の実行力を客観的に見つめ直す。「今、自分達に出来る事できないこと(仕事の内容、レベル)。ライバルに後れを取っていること。今のやり方のままでは、この先通用しない仕事のやり方、進め方、レベル、スピード感」など、整理してまとめることが大切です。

戦略を実行する戦力が整っていなければ「自社の強みを活かした戦略」が浮かんでこないからです。

 

反省会の狙いには、もうひとつあります。それは、メンバーの職務意識の改革です。他人から言われなくとも自分で仕事の反省点を見つけ、それを修正できる人など滅多にいるものではありません。だからこそ、職場のメンバー自身が「自分の仕事の良し悪し。そのレベル高低」を見つめ直す場が必要です。

 このような反省会が三年続けば、職場のムード、社員の動き方が自然と変ってきます。

どうして変わるかと言うと、反省会を通して、良い意味で、一人一人がビジネスの厳しさ、仕事のシビアさについて自ずと学ぶからです。そこでの話し合いを通じて、各自が一年間の自身の仕事への取り組み方や仕事に対する責任感について考えるようになります。また、自然と職場のチームワークの良し悪しをお互いに確認し、検討する良い場にもなります。

 

勿論、その内容を前向きに捉えようとする気持ちや良い方向に進める発想力のレベルは人によって違うかもしれません。しかし、現場の一人一人が自身の問題として受け止め、自身の頭で考えることが大切です。

それが、職場のメンバー自から「目指すべき仕事のやり方、進め方。その内容、レベル」のような「職場のチャレンジ・テーマとなる課題」を明らかにし、目標設定することにつながっていくからです。

それは、まさに自部署の現状分析を行ない、職場の問題を解決し、次年度の目標を設定するプロセスに他なりません。そうすれば、誰しもが「自身の成長、進歩」と「現場の実行力のレベルアップ、業務ノウハウ(仕事力)の進化」それと「会社の成長」が別々のことではない。ひとつにつながっていることと、少なからず気付くようになります。

 

実際に仕事をする担当者が自分の役割や責任について自身の頭で考え、各自が納得して動いてこそ、現場の実行力が進化します。社長や上司が一方的に指示するだけでは、職場の仕事力を高めること、各人の業務スキルを上達させることは難しいでしょう。現場のメンバー自身の頭で考えて動けるようにならなければ、組織的な仕事ができる部署にはなりません。それが現場のメンバー全員で一堂に会して考えることの意味だと思います。それを、できるようにする仕組みが社内反省会なのです。

 

実は「経営会議」の原点は、このような社内反省会です。毎月定期的に、現状の会社の実力を点検する場があれば、自ずと場当たり的な成り行き経営」とは違った方向に進みます。「反省材料料を拾い、それを活かす」そこに「先を見て動く」「周囲を見て動く」という視点が加われば、戦略的な動きができる会社になります。

よくよく考えてみると、経営会議の基本形は「会社の反省会」だと思います。

 

 ( 平成261015日 )          ©公認会計士 井出事務所

 

► 関連項目  弱みと脅威しかでてこない(社長の仕事)

        SWOT分析について

              ( その5 当社の持ち味を活かして「強み」を創る 

           会社を伸ばす仕組み戦略会議と作戦会議の活用法

                          経営会議を通して幹部社員を育てる

客観的に物事を見る眼を養う