仕事を任せないと育たない

 

 社長の右腕になる現場リーダーや仕事のできる管理者が育たない。経営の仕事をサポートできる人、幹部社員がいない。こういう悩みをお持ちの経営者の方は多いと思います。往々にして、この問題は「中小企業には目ぼしい人材がいない」という一言で片づけられてしまいます。社員の個人的な能力や人材的側面だけがクローズアップされて、それが結論のようになってしまいます。

 最終的に、もしそのような人材を得ようとするなら、他社から引き抜くとか、大きな会社から中途採用するしかないという風に思ってしまいます。

 しかし、色々な会社のお手伝いをさせていただいていると、必ずしもそうとは言い切れないと思います。隠れた実力、才能を発揮するチャンスを与えられずにいる人も少なからずいます。今以上に、仕事にシビアに取り組めばもっと伸びる人材、上手く遣えばもっと仕事が出来る人も沢山いるのです。

ただ、どのようにして「経営の仕事」を部下に伝えるのか。それが、わかりません。中小企業の社長の仕事は、ある意味、何でも屋です。営業もしなければ、実際の現場仕事もやらなければなりません。会社に帰れば、それから経理の仕事をしなければならない方もいるかもしれません。

それが故に、社長本来の役割、仕事の内容がわからなくなっています。

だから「まず何から教えていくのか。どのような仕事を任せて良いのか」

それがわからないのです。

 

経営のお手伝いをできる人材がいない会社には、似たような特徴がいくつかあります。社長が期待するレベルの仕事ができると言う意味で、幹部社員が育たない会社は、彼らのような人材が育たないような体制になっています。知らず知らずのうちに、仕事の仕方や任せ方が、そのような状況・環境になっているのです。

そんなことは言われなくても、よくわかっている。今のやり方がベストとは言わないが、現状一番効率的な方法だと思っている。無論、その会社々によって様々な事情があるのはわかります。決して、それを否定するわけではありません。ところが、社長の仕事の一部を任せられる幹部社員を育てたいと思うなら、それが出来るような体制に変えていかなければ、どうにもなりません。

 今回以降は、実際の会社、経営の現場でよく見かける「仕事のできる部下が育たない」そのような悪しき状況について検討してみたいと思います。

 

 それらを、以下列挙すると、大きく三つのパターンに分かれると思います。

 

  ① 社長さんが「何でも自分でやってしまう」パターン

② 社長さんが、管理者・幹部社員・現場に「何でも任せっぱなし」

  パターン

③ 社長さんが、新しい仕事を、

   管理者・幹部社員・現場に「ドンドン任せる」パターン

 

 ひとつ目は、社長さんが「何でも自分でやってしまう」パターンです。社員数が10人以下の小さな会社の社長さんにありがちな行動パターンです。 どうして自分でやるのかと訊かれると、この手のタイプの人からは、必ずこうした答えが返ってきます。「何もやりたくて何から何までやっているわけではない。安心して自分の仕事を任せられる部下がいるならば、とっくに任せている。管理者といっても、名ばかり部長や課長しかいない。

 日常的な現場や部下の業務管理でさえ満足に出来ないのに、とても危ぶなかしくて任せられない。だから、多少面倒でも自分がやった方が確かな仕事が出来る。手間でも自分でやった方が後で問題が無い。仕方なく自分(社長)がやっているだけで、やりたいわけではない。

 満足に出来もしない部下に任せると、結局、二度手間になるばかりか、後始末に時間がかかる。そこで、無意味なストレスを溜めるくらいなら自分がやってしまった方が早い。

 また「言ってもやらない。屁理屈を並べたてて、出来ない理由を言ってくる」「それをズバッと言い返せない。直ぐに上手い言葉が出てこない」という言葉を口にする方も少なくありません。

そこで、角を立てても仕方が無いし、無理強いをして、へそを曲げられても困る。だから、そこはグッと堪えて、細かいことはいちいち口にしない。逆に、自分がやってしまえば済むことだと、自身を納得させて動いてしまう。

  目先のことしか頭にないような仕事のやり方をしていると、こういうことになってしまいます。このような経験をお持ちの社長さんは、とても多いと思います。

 

このタイプの方が社長の会社は、現場の管理者レベルに優れた人材が見当たりません。そこで幹部社員というよりも、まずその層の人材を育成するところからスタートしなければなりません。

会社の核になれる現場リーダーや管理者を育成することは、極めて重要な「経営の仕事」の一部です。

ところが、目先の仕事だけで手一杯、社長がそこに目を奪われていると、会社のキーマン養成のことをスッカリ忘れてしまいます。というよりも「そのこと自体、全く頭の中に無い」と言った方が良いかもしれません。

その会社の現実、その事情はどうあれ、社長が現場責任者のような動きばかりをしているから、社員の方も「それは社長の仕事」という感覚で、何でも上に任せてしまうのです。

だから、いつまでたっても能力がありながら自分にできることしかやろうとしない。自分の仕事のことしかわからない現場リーダーになってしまうのです。どんなに会社が小さくとも、上長は本来、部下自身がやるべき仕事を決して肩代わりしてはいけません。社員各自の役割責任がハッキリしていないと、こういう状況になりがちです。

                     - 次回に、続く -

 

 

( 平成2711月1日 )        Ⓒ 公認会計士 井出 事務所