社長のブレーンとなる経営幹部の育て方

 

だいぶ前になりますが店頭公開(現在のJASDAQ)支援の仕事をしていた時のことです。その時に思ったことは、公開が成功する会社には、必ず社長の右腕となる幹部社員がいることです。ほとんどが、営業部長経理部長の方でした。つまり、成長できる会社には、経営に欠かせない攻めの要と守りの要になる人材がいるものです。

現状の行き詰まりの状況を打開し、成長路線へ方向転換を進めるには、このような営のわかる管理者の存在が欠かせません。いくら能力のある経営者だとしても一人の力で何でもできる人など滅多にいません。行動力にしても発想力にしても個人の限界があります。特に時間の流れかスピードアップした現代では、一人の人間だけで対応できることが少なくなっているように思います。

だからこそ、益々、社長の知恵袋となって経営をサポートできる人材を育成することが急務と言えるでしょう。自部署の仕事の範囲を越えて経営をバックアップしてくれる部長クラスの管理者の養成が不可欠です。

 

 ところが、残念なことに多くの中小企業では、そのような経営に通じた社員の姿をほとんど見かけません。自部署のことしか頭が回らない部長さん、目先の仕事のことしか関心が無い上長の方が多いと思います。

経営に目が向かない管理者がほとんどというのが現実です。

 現場の責任者には二通りのタイプがいます。自部署の仕事を、これまでの日常業務の範囲内でしか捉えられない人と今後の展開を含めた部分で自部署の業務内容を捉えられる管理者です。

いまの時代、管理者は、ひと昔のように職場を上手くまとめていれば済むと言うものではありません。現場の長たる人は、経営の視点で動ける管理者であることが求められます。

経営が現場の責任者に持ってほしいのは経営の視点です。社長と共に、どうすれば商売が上手く行くのか、知恵を出す。何をすれば業績を伸ばせるのか、仕事のやり方を変えていく。それが経営にとって仕事のできる管理者の理想像ではないでしょうか。採算性といった経営マインドを持って動ける。経営企画的な戦略発想ができる現場責任者と言ってもよいでしょう。 

 

ではどうすれば、このような管理者が育てられるのでしょうか。そのひとつのヒントがベンチャー企業にあると思います。経営経験の少ない若手経営者の会社が成長して、どうして社歴のある会社の業績が伸び悩むのでしょうか。そのことを良く考えるべきだと思います。前者と後者で何が違うのでしょうか。

創業間もないベンチャー企業はお客様が余り多くありません。だから新規顧客を取っていかなければ会社そのものが成り立ちません。何でも必死にチャレンジしていかなければなりません。

経営がチャレンジをするから、現場もチャレンジせざるを得ない。現場の責任者、皆が自部署の仕事の枠を超えて知恵を出し合わなければなりません。会社が成長しようとするから、そこで仕事をする人達も伸びるのです。そういう流れを創って行くのが経営の仕事だと思います。

 逆に、経営者が考えないことは、その部下である経営幹部の方も考えません。社長が実行しようとしないことは、部下も動こうとしません。

戦略マインドを持たない経営者のもとでは、戦略発想のできる管理者は育たないのです。

 

経営的な視点で持てる管理者、戦略的な発想で動ける経営幹部を育成する。そのためには、もっと経営が現場を巻き込んで戦略を推進することが必要です。現場と経営の距離をもっと近づけなくてはなりません。

これまで、このコラムでは、アパレル業の㈱門倉ラスチック容器メーカーの三島容器㈱と、現場を巻き込んだ経営戦略の推進、営業部門を含む各部署の業務改革の事例を紹介してまいりました。(下記、関連項目参照)

 この活動を通して、営業部長は、売上だけで無く、利益や借入れの状況等、会社全体の経営状況や経営数値の意味がわかるようになりました。経理部長は、予算管理の仕組みを通して、自社の営業力の強さや営業の進め方の良し悪し、提案力や商品力の有無がわかるようになりました。

環境が人を創るとは言いますが、経営マインドや戦略思考を身につけてもらうには「絶対に、やらなければならない。何としてでも成功させなければならない」というような仕事のテーマ(戦略)とそれを実行する仕組みを創ることが欠かせないと思います。「どのようにすれば会社の業績を伸ばせるのか。実際、何をやれば戦略が成功するのか」常に彼らが考え、徹底的に前向きに話し合う場を設けることが重要です。

 

 ( 平成26年4月23日 ) 

 

 ► 関連項目: ㈱門倉の事例:

         営業部門の現状分析中小企業に求められる営業体制

       

                 三島容器㈱の事例:

                 : 課題(チャレンジテーマ)を探す大切さ

                 : テーマ設定と成功事例

           経営会議を通して幹部社員を育てる