ケーススタディーの狙い

知識の意味、内容を理解し覚えただけでは、ビジネスの現場での学習効果に結びつきにくいものです。そこで、理解した知識を活用し自分の知恵として活かすトレーニングの場が求められます。

 

ケーススタディーは理解即進度テストと異なり思考のヒントとなる解答例がありません。したがって、自身で解答の仮説を考えなければならないため、より高い思考力や、他者への説得力のある説明力が求められます。

 

また、ケーススタディーを実施する大きな狙いは、理解した知識の応用もさることながら、グループディスカッションを通して、周囲との協調性、リーダーシップなどの組織の一員としての適性が明らかになることです。