理解促進度テスト実施の狙い

 

 理解促進度テストは、基本的に基礎知識の意味、内容を再確認するために実施するものです。

講師の一方的な話によって知識を理解するのではなく、自分でよく考えることで知識を自分のものにすることが大切です。頭の中で、明確とは言い切れない漠然としている知識の内容を自身の力で整理しまとめることで、その理解をより一層深めます。

 

グループディスカッションを通して

 

 1.自分の考えを整理してまとめる。

 2.自身の考えを相手に説明する。

 3.相手の意見を聞く。 

 4.お互いの意見交換を通して、自身の考え(意見)

     広げ、掘り下げる。

 5.相互の意見を集約しまとめる

 

昨今はこれに加え、周囲とのコミュニケーションが上手くとれない人達にとって 、このようなコミュニケーション・スキルの基礎的なトレーニングの場となる意味合いが深まってきました。