自部署への振り返り

ここまで学習してきた一連の流れは、最終的に実際の仕事に役立てるための前段取りのようなものです。研修内容を知識レベルで留めることなく、自分の実務に結び付け、実際に実行しなければ研修の意味が無くなってしまいます。そのために研修内容を現実の業務に役立てる場が必要です。

現実の業務内容を振り返り、その良し悪しを判断し、今後のテーマを決め、それを実行するための予定を立てるパートです。

 

1.現状分析(実情を客観的に俯瞰し、その内容を整理しまとめる)

2.問題点及び課題の抽出

3.テーマ設定もしくは目標設定

4.目標の達成手段、達成方法の明確化

5.達成手段、方法のスケジュール化

 

職場の現状認識及び今後のアプローチ等の記述内容の的確性、明確性から各人の職務の捉え方、リーダーとしての適性、今後の学習ポイントが明確になります。