社長の右腕となる「管理者の役割と育成法」

 

 【 研 修 の 狙 い 】

 

ネット社会による情報スピードの加速化に伴い、ビジネスにはますますスピード感と実行力が求められています。そのキーマンになるのが現場の管理者です。ところが、何処の会社においても彼らを育成する方法については頭を抱えているのが現状のようです。

そのひとつの要因として、管理者の仕事が多岐にわたるために「管理者の役割。やるべき仕事の内容がはっきりしていない。管理者の仕事のテーマが絞り込めない」と言う問題があります。

ところが、管理者研修の内容というと「リーダーシップ」「コミュニケーション」「コーチング」「やる気」など抽象的な内容が多く、管理者の具体的な仕事の内容に踏み込んだものが余りありません。

 そこで、理論では無く実際の現場で使える方法論をベースにした仕事の出来る管理者の育成法。管理者の役割,やるべき仕事の内容とその実行策を明確にし、現場の実行力を高めることができる管理者の育成法をご提案させていただきます。

 

  関連項目  リーダーの役割と自部署のテーマ設定

 

 【 研 修 の 概 要 】

 

1.「管理者の役割」の明確化

  管理者の役割は多岐に渡ります。経営から求められる役割も、その会社、その状況によって異なってきます。

しかし、その基本的な役割は規模の大小、業種の如何を問わず何処の会社でも同じだと思います。

  ある会社では、部下の指導教育、上司の指導力が最大の問題点であるかもしれません。一方、別の会社では、ミスやトラブルなく日常業務を回すことが一番大切なことかもしれません。また他の会社では、もっと職場全体の実行力を高めるような現場の業務改善が最重要テーマであるかもしれません。このように、管理者に期待される役割や仕事は、その置かれた立場によって異なります。会社によって、求められる優先順位が異なるからです。そこで、まず自部署の問題点を整理し、管理者の役割認識、役割責任を明確にします。

 

2.部下の指導法の検討

昨今の人たちは「自分にできることしかやろうとしない。言われたことしかやろうとしない。わからないことはやろうとしない。教えてくれないことはできなくても仕方が無いと思っている。すぐにやらない」傾向が強いと思います。

モチベーションの低い部下をどのように指導してよいのかわからない。

それが多くチームリーダーの悩みでもあります。彼らに対しては、こちらから一方的に指示することよりも、むしろ自ら考えて動くような仕組みを作ることが大切です。仕事ができるようになる部下指導法について、理解促進度テスト、グループワークを通して学びます。

 

3.日常的な業務管理のポイントを整理

  役割分担で仕事をし、チームワークで商売をする仕組みが会社です。ですから職場の一人一人が自身の役割を果たせなければチームワークが上手く働きません。職場の業務全体がスムースに動くようにメンバーの仕事をフォロー、調整するのが上長の役割でもあります。それが職場をまとめることに他なりません。

職場のリーダーとして、職場をどのようにまとめるのか、その具体的な方法がわからない。このようなチームリーダーのために、各人が先を見て動けるように、周囲を見渡して動けるような「スケジュール(先行)管理」のポイントについて学びます。前倒しに仕事が進められる現場の業務管理の方法について、そのツールの作成法と活用法を検討します。

 

4.業務改善の推進

部署全体の業務のレベルアップを図るには、現状の職場の仕組みや仕事のやり方を見直すことが不可欠です。「仕事のチェックポイントを確かめる」ことで日々の努力をノウハウにする。それこそが、現場の実行力を高める業務改善の基本だと思います。職場の問題点を拾い出し、それを整理しまとめる。そこから問題を解決していく。これまで当たり前と思っていたことの中に「見過ごしている点は無いか。見落としているところは無いか」何処の会社でも、新しいノウハウの発見は身近なところにあるものです。

 

     お問い合わせはこちらから