経営数値から読み解く「経営戦略」

 

 【 研 修 の 狙 い 】

 

 経営数値の意味を「経営戦略」という視点で理解する

 

 決算書の読み方で最も大切なことは、その会社の将来性を読むことです。

それには、会社の意図とする「企業戦略」を理解することが欠かせません。

 最早、単一事業でビジネスが成り立つ時代ではありません。そこで、単に

財務数値の分析法を学ぶことに留まらず「事業計画」や「セグメント情報」等

から5年間の事業区分の推移を見ていきます。

 そうすることで、その企業の実態となる「収益力の源泉」及び「企業戦略

(会社の方向性)」を財務諸表から解析していきます。

  

 【 研 修 の 概 要 】 

 

1.財務諸表のチェックポイントの確認

 

 1.損益計算書のキーワードとその意味

 2.貸借対照表のキーワードとその意味

 3.「企業収益力」の意味と、それを表す数値 

 

  * 管理者のための「財務諸表の基礎知識」参照

 

2.ケーススタディーによる財務諸表の分析法

 

 1.単年度分析による「損益計算書、貸借対照表」のチェックポイントの

   再確認

 2.セグメント情報等を活用し、5年間の財務諸表の推移から「経営戦略

   及び経営実態」を分析する。

 

 

3.自社の財務諸表を活用した自社分析

 

 1.自社の5年間の財務諸表の推移を振り返ることで、全社的な問題点の

   状況や改善点を客観的に認職し、実際の業務に活かします。

 

 

     お問い合わせはこちらから