管理者の役割(仕事の内容)のヒント

  

 リーダーに求められることはリ-ダーシップの発揮です。そのことに誰も疑いは持たないでしょう。ところが、経営者、管理者、上司といった組織のリーダーに求められる「役割は何か。仕事の内容はどのようなことか」と尋ねてみると急にハッキリしなくなってしまいます。

 

「状況によって何でもやらなければならない」何処の会社でもそれが実情であり本音でしょう。しかし、それ故、仕事の内容が総花的になって、ともすると“雑用の塊”になってしまうものです。

リーダーがやらなければならない仕事の内容。彼らに期待される仕事のやり方、進め方など具体的な仕事の役割、果たすべきテーマは意外と明らかではありません。

“日常業務の調整と取りまとめ(業務管理)”

“部下の指導育成”

“自部署全体のレベルアップ”など、

その会社の実情によって、各社、力を入れるところは違うと思います。

しかながら、その大まかなテーマは余り変わらないと思います。

 

 ここでは「リーダーの役割」と「それを実行する上で起きる問題点」「その解決策」について考えてみたいと思います。