「上司力」って何のこと? その言葉の登場の背景

 

 「上司力」という言葉が世に出て久しいですが、よく考えてみると不思議な言葉です。本来であるならば、課長部長といた役職管理者は、本来上司に相応しい実力を持った人がなるべきだからです。

 ところが、残念なことに、そのような力が足りない人、相応しい実力のない人が上司になっている処に「上司力」という言葉が生まれてきた背景があるのではないでしょうか。

正にその世代が「今の会社に縛られない」という仕事観「いつでも会社を移れる。自由に転職できる」という考え方の中で育った、現在の40代半ばの世代、所謂バブル入社組です。

 

どころが、今の多くの管理者は、そもそも“上司の役割、仕事の内容“

そのものを良く理解できていない人が多いように思えてなりません。 

 彼らの多くは、周りのメンバーをサポートするような組織人としての自覚が足りないままベテランと呼ばれる世代になった人達です。周りを見渡すと、仕事のできる人

からドンドン先に辞めていってしまい、繰り上げ当選的な感じで管理者になった方が多いように思われます。

ある金属加工会社で、製造課長を務める岩崎さんもそのようなタイプの人です。これまで周囲との関係が煩わしいので、上司を含め職場のメンバーとは、少なからず距離を置いて付き合ってきました。

また上司のことを冷ややかな目で見ていて、これまで脇を固めるような腹心としてお手伝いをしていません。だから、いざ自分が、その立ち場になったときに、上司として、何をすれば良いのか。どう動けば良いのかわかりません。

前任者の苦労や気持ちに接するような気配りをしてこなかったので、上司として部下と「どう接したら良いのか」関わりあい方がわからない。

ただ、この職場のキャリアだけは長く、職場の仕事のこと、現場の状況は一応一番良くわかっていました。その結果、課長になっただけなのです。

岩崎さんと似たような状況が、今日上司力を求められる“迷える管理者”が登場した流れではないでしょうか。

 

転職時代がもたらした負のインパクトは、このような極めて重要な“職場のコミュニケーション”を形式的で、温度差のあるものにしてきました。

このような人達の悩みをここで分析しても意味がありません。上司として何をすべきか、管理者としてどう動くべきなのか、彼らに求められる上司力の内容を明らかにしてこそ意味があると思います。

 

課長や係長のような役職管理者の呼び方が“チームリーダー”“グループリーダー”といった名称に変えてから久しくなります。確かに、そちらの呼び方が彼らの具体的な役割を示しているかもしれません。

 要は、チームなりグループと呼ばれるメンバー(集団)のリーダーだということです。その職場なり現場の「取りまとめ役、仕切り役」として動くことを期待される人です。「マネジメントが出来る人」と言っても良いでしょう。

 

余り気付かないことかもしれませんが、その良いお手本が、実は身近にあります。それが店長さんといわれる人達です。居酒屋でも、スパーでも、コンビニでも、どの業種の店舗でも構いません。店長の「マネジメント力」即ち「上司力」の優劣は、そのお店の雰囲気や業績に直結することだからです。

 皆さんは、コンビニのレジで待たされてイライラしたことはありませんか。ほとんど人がこのような経験を持っていると思います。今の時代「お客様をお待たせしない」ということは、極めて重要なサービスです。それ位「仕事のスピ-ド」は他店との差別化を実現する戦略要因であり、売上に直結することです。

 ところが、この現実をよく理解している店長は、果たしてどれ位居るのでしょうか。持ち論、彼らは全員、他人に言われるまでもなく、誰よりも良くわかっていると言うでしょう。でも、残念なことに、次に決まって出てくる言葉は「でも、良いバイトがいなくて」という言い訳です。

 どうでしょう、上司(管理者)の皆さん。似たようなこと、同じようなこと

部下に対して感じていないでしょうか。もし、そう思っているならば、いつまでたっても皆さんの上司力もマネジメント力も、そして職場や現場のチーム力もレベルアップしないと思います。

コンビニで言うなら、もし皆さんがレジで待たされてイライラしている時に、その店の店長が「バイトの気が利かなくて、お待たせして申し訳ございません」と口にしたら、どう思うでしょうか。多分、ほとんどの方は、もうそのお店には行かないでしょう。待たせる最大の原因は「 店長の動きが

鈍い、遅い。指導力に問題がある」と感じるはずです。

 

もうおわかりでしょう。リーダーの役割ということはそういうことです。コンビニの店長さんでいうと、レベルの低いバイトをどう使いこなすか。

どのようにして質の悪いバイトを仕事ができるようにするのか。それを考え、実行することが、上司の仕事です。バイトや部下の能力を批判することではありません。

「他人の振り見て我が振り直せ」という言葉がありますが、良い事例も悪しき事例も、マネジメント能力や上司力の巧拙の見本は、皆さんの近くに沢山あると思います。そこに気付かなければ何も変わっていきません。

コンビニに行って、もし自分が店長なら「何をする。どう動く」それを考えてみるのも一考です。

 

( 平成27331日 )         ©公認会計士 井出事務所

 

► 関連項目: 部下とのコミュニケーション

        上司からのメッセージ

        不言実行を期待する限り、当たり前のことはできない 

職場のマナーと職場のコミュニケーション

挨拶も仕事のうち喋る・話す・伝える・告げる