今年の目標を明らかにする

 

 いつも、この時期になるとセミナーの冒頭で、必ず話すことがあります。

それは「皆さんの会社(職場)で、一年前と比べて、何か変わったことはありますか」という質問です。もちろん、変わったこととは「レベルアップしたこと。改善した問題点。解決された難題。進歩したこと。前進したこと。上達したこと」に他なりません。実際、この問いかけに、自信を持って「当社(部署)では、こういうことが良くなりました」と具体的に応えられる人はそう多くはないでしょう。

 

一年という時間は、どの会社にとっても同じ時間です。しかし、その使い方によって、伸びる会社もあれば、数年前と何も変らない処もあります。

その違いは、まさにリーダーとしての経営者、職場リーダーの仕事に対する考え方や動き方次第で変わってきます。

 

 

 

会社のリーダーと呼ばれる彼らにも仕事上の悩みが数多くあります。皆、毎日忙しく動いているが、そこに仕事の緊張感というものを余り感じない。モタモタ、ダラダラと言う訳ではないが、テキパキ、サッサと仕事をしている感じでもない。仕事にピリッとした処を感じられない。よく言うと、自主的に仕事をしているが、毎日、各人がマイペースでバラバラに動いている。そのせいもあってか、職場にまとまり感や一体感がない。全体的に、何となく、馴れ合い的に仕事をしている感がある。

 

 

こういった実情に、上長として、今の職場の現状を「何かを変えていかなければいけない。このままでは拙い」と思ってみても、具体的に何をどのようにすれば良いのかわからない。日々、悶々としている。「上司としてどう動けば、どう部下に働きかけて良いのか」その答えが見つからない。

 

そうこう思い悩んでいるうちに、結局、今年も一年が過ぎてしまった。よくよく考えてみると、毎日の忙しさに流されて、何も変わらないままの一年だった。決して口には出せないけれども、それが小さな会社の社長さんや管理者さんらの方の本音ではないでしょうか。

 

そこで、伸びる会社と伸び悩む会社の違い。言い換えると、企業的経営と家業的経営の相違点について、それらの会社の経営者や管理者の役割の視点から比較検討してみたいと思います。

 

 

 

設立間もない小さな会社や伸び盛りのベンチャー企業の営業会議に顔を出すと、是が非でも当期の売上目標を達成しようとする会社のエネルギーを自然と感じます。そういった会社には、必ずや熱い営業部長さんがいるものです。また、少しでも職場全体をレベルアップしようとメンバーのスキル・アップに苦心している管理者の方も数多くお見かけします。何とかして業務効率を上げ仕事のスピードアップしようと頑張っている人もいらっしゃいます。いずれの所も、会社や現場のリーダーが「自ら目標を掲げ、何とか結果を出そう」と強い思いを持って取組んでいます。こういう会社(職場)は、日々緊張感のある仕事をしているものです。

 

成長する会社には「明らかな目標」あります。会社として、目指すものがある。目標が明らかになっているそれは、その会社の発展・業績向上にとって欠かせない条件です。

 

 

 

その一方、多くの中小・零細企業では経営の仕方が、家業的になっています。「(会社の)今年の経営目標」や「部署の年度目標・チャレンジ・テーマ」といった「会社の目標」「部署が目指す課題」が有るようでありません。

そこが、いつまでたっても何も進まない。何も変わらないという現実の原因のひとつです。だから、毎日が目先の仕事をこなすだけの一年で終わってしまうのです。

 

仕事のやり方が、組織と言うよりも担当者任せの人海戦術で動いているせいもあるでしょう。それ故、社長さんや管理者の方に、毎年「目標を明らかにする」といった考えが余り強くありません。

 

目指すべきものがハッキリしていない。その日暮らしの成り行き経営では会社が伸びる訳もありません。それでは、時代の流れから取り残されて、いつしか会社が消えてしまいます。

 

 

 

社長を始めとして、会社のリーダーの仕事は、会社や部署(現場)と言った組織の目指すべき目標を示し、それを成し遂げることです。チャレンジ・テーマを成功させ、良い方向に会社が進むように努力することです。

 

上が「(会社の)目標」や「チャレンジする職場の課題(テーマ)」を決めなければ、会社は前に進みません。

 

「目指すべき目標や課題を下に示す」それが、組織のリーダーの役割の原点だと思います。

 

 その点がハッキリしていないリーダーの方は、来年の仕事始めの日までに、それを考えてみてはいかがですか。残り少ない12月を、そういう時間に費やすのも一考だと思います。

 

そうすれば、来年の今頃は、このコラムの冒頭の問いかけに何かしらの答えが見つかるかもしれません。

 

 

 

( 平成29129日 )        Ⓒ 公認会計士 井出事務所