仕事の棚卸

 

 早いもので今年ももう12月になりました。新しい手帳を購入して来年のスケジュールをドンドン書き込んでいる方も多くいらっしゃると思います。

さて、今の時期、毎年現場や職場のリーダーの方にお勧めしていることは、現状の仕事の棚卸しです。年に一度、今の仕事のやり方の良し悪し、そのレベルの巧拙について改めて見つめ直す時間を設けていただきたいのです。「テキパキとスムースに仕事を運べなかったこと」や「少なからずミスやトラブルがあったこと」もあったでしょう。「戦略的に動けたこと・場当たり的にしか動けなかったこと」や「スケジュールの立て方やその調整方法」等々、現状「巧く出来ていること・できていないこと」を整理してまとめておくことが望まれます。「部下の実行力のレベル」を含め、この一年の自部署の仕事について振り返る場があっても良いと思います。

 

実際、ほとんどの会社が日々の忙しさに流されています。その悪しき現実は「不注意や準備不足」といった些細なことを原因とする問題を引き起しています。また「ツイツイ、ウッカリ」とか「何となく無意識のうちに」のような反省点を見過ごしているのが実情ではないでしょうか。

何気ないことのようですが、このような仕事の棚卸を実際にやることは案外と難しいものです。一年間の仕事の内容、その結果を振り返り、その良し悪し、出来不出来にケジメをつけることは、そんなに容易いことではありません。仕事の総括、反省会と言い換えても良いかもしれません。

どうしても、年末のドタバタ感にまぎれて「それよりも、もっと先にやるべきことが沢山ある」あるいは「そんなことはやっても意味がない」と思ってしまうからです。

 

しかし、そうやって、毎年々、仕事の内容の良し悪しにケジメをつけていかないから、ひとつひとつの仕事のやり方にシビアさが掛けるのです。

その現実は、業務のレベル・アップ感や職場の前進感、各メンバーの成長感があまり感じられないことに現れています。

果たして、それでこれらの事実に対して、上長として高い問題意識があると言えるでしょうか。いつまでたってもマイペースでは会社も社員も成長しません。三年前と比べて何の進歩もないように感じるのは、ナーナーとは言えないまでも、現実に流されて、知らず知らずのうちに成り行き任せの仕事になっているからです。

 

伸びる会社と伸び悩む会社。規模の大小、業種のいかんに関わらず、この当たり前のことが出来ているか、いないか。その辺りの違いが大きなことのように思えてなりません。

職場の問題点はわかるが、将来に向けての「課題が見えてこない」と思う上長の方は、毎年このような仕事の結果やその内容を反省する習慣が身についていなからです。それは、結局将来の向けての課題を先送り・後回しにしていることと同じことです。今こそ、その現実に気付くべきです。

 

人も会社・職場といった組織も、成長や進歩の原点は、現実の良し悪しを素直に受け入れることだと思います。しかし、その事実をシッカリと受け止めるような時間や場・仕組みが無ければ、その内容はちゃんと頭に残りません。頭ではわかっていても、ただ何となく頭の中にあるレベルでは実際の動きにはなりません。現実の行動に繋がらないようでは、反省すべき事実を現実的に受け止めているとは言えないでしょう。

それ故、年に一度の仕事の棚卸が欠かせないのです。この一年を振り返って、その内容を整理してシッカリと頭に叩き込む。毎年反省会を開いて、一年間の反省点を拾い、その内容を振り返って、翌年に向けての改善点を洗い出す。来年の目標なり、チャレンジ・テーマを決めるべきではないでしょうか。それくらい強い気持ちを持って意識的に取り組まなければ業績の向上は覚束ないと思います。

 

( 平成281210日 )        Ⓒ 公認会計士 井出 事務所